【借金 知識 知恵】改正貸金業法、もっと早く施行されていれば

改正貸金業法ってなに?

4db2a5dc8ef7b09303dc3737a7353235_s

改正貸金業法とは、複数の金融業者からキャッシングを繰り返す多重債務者を

増やさないようにするために、消費者金融などの金融機関を対象にした法律です。

改正貸金業法が施行される前は、消費者金融の独自の判断でキャッシング枠が決まっていました。

また、貸付金利も今とは比較にならない高金利でした。

今でこそ消費者金融は、銀行と連携したり、テレビコマーシャルで悪いイメージはありませんが、

以前はいわゆる「サラ金」と呼ばれていて、悪質な取立てや、それを苦にして自殺者まで出て

社会に暗いイメージを与えていた金融業者でした。

改正貸金業法は、2010年6月に施行されたのですが、私が会社の資金繰りとして、

消費者金融からキャッシングを繰り返していた時は、「サラ金」と呼ばれていた悪質業者の

イメージこそは既にありませんでしたが、20%後半の高金利で返済に追われていました。

 

改正貸金業法とは

先ず異常ともいえる高い金利に規制が入りました。

私が借りていた20%後半の高金利は禁止され、上限金利は20%に引き下げられました。

それに伴い、グレーゾーンと呼ばれていた上限金利も撤廃されました。

 

スポンサーリンク
 

この法律により、サラ金以上の悪質なヤミ金業者などの悪質金融業者の取り締まりが

強化されました。

ヤミ金と聞くと、コミックやテレビだけの世界かと思う人もいるかも知れませんが、実際に存在します。

流石に私はヤミ金には手を出しませんでしたが、知人のA氏。

「トイチ」と呼ばれる超が付く高金利に手を出していました。

「トイチ」とは、いわゆる十日間で一割の利息が付くという悪質融資の事です。

そんなものに手を出したら、破産への道をまっしぐらです!

A氏は最後には自己破産しました。

 

総量規制

改正貸金業法には、「総量規制」が盛り込まれました。

総量規制とは、個人の金融会社からの借り入れ可能な金額は、

年収の三分の一までとする制限法です。

私が消費者金融や信販会社、クレジット会社からキャッシングをしていた金額は、

軽く年収を超えていました。

加えて、当時は高金利時代ですから、返済しても返済しても残金が減らなかった訳ですね。

借り入れ可能金額は、年収の三分の一までと説明しましたが、これはあくまで消費者金融や

信販会社からのキャッシングの金額であります。

家や車の購入で発生するローンは、その制限には含まれません。

 

まとめ

改正貸金業法がもっと早く施行されていたら、自分の人生も変わっていたかも?

消費者金融が決して悪い存在ではありません。

むしろ、急な資金が必要となったり、短期間だけ資金が

必要な場合は、大変有り難い存在になります、

ただ、テレビコマーシャルではありませんが、「ご利用は計画的に!」

ですね。

 

サイトマップ

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ