【借金 知識 知恵】元利均等返済と元金均等返済のメリット、デメリット?

「元利均等返済」と「元金均等返済」とは。

ac2abce4f4c8381eba993937c2db82a0_s

人生の中で、恐らく最も高額な買い物よ言えば住宅と言えるでしょう。

住宅を購入するほとんどの方は、住宅ローンを利用します。

住宅ローンの支払いは大変長く、35年にも及ぶ場合があります。

そうなると、返済方法がとても重要になってきます。

住宅ローンには、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類があります。

さて、この2つの返済方法ですが、それぞれメリットとデメリットがあります。

どちらかの返済方法だけがいいと言うものではないようですよ。

果たしてどのような返済方法がいいのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。

 

元利均等返済方法のメリット・デメリット

元利均等返済のメリットですが、元金と金利を合わせた返済方法で、返済額が一定のため

毎月の返済計画が立て易いです。

元金均等返済と比べて、当初の返済額が少なくなります。

ただし、次のようなデメリットもあります。

元金均等返済と同じ期間返済した場合、元利金等返済の方が、残高が多くなります。

最初は金利を多く支払う形になるため、元金の減りは抑えられるためです。

 

スポンサーリンク
 

 

元金均等返済方法のメリット・デメリット

元金と利息を合わせた返済額は、どんどん返済するに従って少なくなって行くというメリットがあります。

元利金等返済と比べると、元金が減るスピードが早くなります。

ですから、もし同じ期間返済した場合、元金均等返済の方が、元利金等返済よりも返金総額は少なくなります。

ただ、一方で返済開始当初は、返済金額が高くなるというデメリットがあります。

ですから、最初は負担がかかりますので、元金均等返済を選ぶ場合は、その点を十分理解しておく必要があります。

 

まとめ

このように見てみますと、元利均等返済よりも元金均等返済の方が得に見えます。

ただ、実際の家庭環境によって、それぞれメリットが出てきます。

住宅ローンの返済が始まって直ぐにお金が必要になる場合は、元利均等返済がお奨めです。

これは、お子さんの教育費などが直ぐにいる場合、ローンの返済額は出来るだけ押さえたいからです。

 

一方、返済当初はお子さんの教育費などの心配が無く、将来必要になってくる場合は元金均等返済がお奨めです。

教育費などが、比較的直ぐに必要で無い場合は、最初に出来るだけ多くローンの返済をし、将来に備えたいところです。

確かに元金均等返済は、元利均等返済よりお得だと感じます。

 

ただ、いくらお得だとしても無理をして返済し続ける事は出来ません。

元利金等返済でも、繰上げ返済をする事で返済総額を減らす事も出来ます。

大切な事は、返済プランが自分達に合っているかどうかです。

じっくり考えて、プラン選択をしましょう。

 

サイトマップ

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ