【借金 知識 知恵】無職でも借金できる?突然のリストラ、明日から無職。

無職でも借金は可能!?

c72a93b6669388579b885f445dcac18b_s

世の中には、自分の意思に反して無職になる場合があります。

突然のリストラ、病気での退職などがこれに当たります。

無職であるが故、お金が必要になる事があります。

果たして無職でも借金が出来るのでしょうか?

一緒に見て行きましょう。

 

審査が必要

どんな種類の金融機関に借金を申し込むにしろ、必ず審査が必要となります。

審査とは、申し込み者の収入や返済能力がチェックされます。

つまり、無職の人が金融機関に借金を申し込んでも、審査には必ず落ちます。

安定した収入が無い状態では、さすがに金融機関も融資は出来ないでしょう。

安定した収入が無ければ、返済する能力が無いと判断されます。

では担保があれば借金が出来るのではないか? と思う方もいらっしゃるでしょう。

以前、銀行員から話を聞いたのですが、銀行は担保を取ることが目的では無く、

あくまでも返済する能力があるかどうかが大切なポイントであると言っていました。

 

無職でも借金が可能

では、無職の人が絶対に借金が出来ないか?

そうとも言えません。

 

クレジットカードによるキャッシングです。

ほとんどの人は、いきなり無職という訳ではありません。

当初就職した会社に勤めている間に、クレジットカードを作る機会があります。

 

スポンサーリンク
 

無職になっても、クレジットカードは残ります。

そのクレジットカードを使ってキャッシングをすれば、借金をしたのと同じ形になります。

ただし、利息が付いて後から請求が来ますので、キャッシングをする場合はその事を

必ず忘れない事が大切です。

 

中には、債務整理をしてクレジットカードを失い、且つ職も失う人もいます。

しかし、そんな場合でもクレジットカードを使って、キャッシングをして借金をする方法があります。

それは、配偶者をお持ちの方なら可能な場合があります。

先ず始めに配偶者のクレジットカードの家族会員となって、クレジットカードを作ります。

配偶者のクレジットカードに、キャッシング枠が付いていれば、家族カードと言えども

キャッシング可能です。

 

実は私も任意整理をした関係上、今まで所有していたクレジットカードを全て失う事になりました。

しかし、妻のクレジットカードの家族会員となって、自分名義のクレジットカードを

所有する事が出来ました。

 

最後は可能性としてはかなり低いのですが、かなり高額の価値がある担保を所有している場合は、

それを担保で借金をする事が出来る可能性があります。

 

まとめ

今まで見てきたように、例え無職になっても借金をする方法はあります。

ただ、借金は必ず後から返済をしなくてはありません。

その場合、無職を続けていれば、借金の返済はかなり厳しくなり、借金に苦しむことになります。

そうなると、借金を返すために新たに別のクレッジットカードでキャッシングをする事になり、

借金地獄に陥る恐れが出て来ます。

無職でも借金が出来ますが、出来るだけ避けた方が賢明のようですね。

 

サイトマップ

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ