【借金 知識 知恵】裁量規制って?目先はつらいがリミッターある方がいい?

裁量規制とは

credit-card-1313763_640

裁量規制。

あまり聞きなれない言葉かも知れませんが、これはキャッシングなどによる多重債務者に

陥らないようにするための法律と言っていいでしょう。

裁量規制は、消費者金融などの高すぎる金利を規制するために、

2010年に施行された貸金業法に盛り込まれている法律です。

 

具体的にはキャッシングなどの個人借り入れの総額が、年収の三分の一以内に制限したものです。

ここでいう年収とは、給料は勿論のこと年金も含まれます。

それ以外にも、所有する家や土地などから得られる収入もあります。

いわゆる、アパートなどの家賃収入や、貸し駐車場から得られる収入の事ですね。

宝くじや、ギャンブルからの臨時収入の類は、裁量規制の対象外となります。

 

規制内容

裁量規制では、お金を借りる方にも注意しなくてはならない事があります。

キャッシングなど、借り入れは年収の三分の一以内との説明は先ほどしましたが、

加えて何点か追加して説明いたします。

 

・一社で借り入れが50万円を超える場合。

・また、既に借り入れしている状況で、更に他社から借り入れを希望する場合で、合計が100万円を超える場合。

 

スポンサーリンク
 

 

これら二つの場合には、源泉徴収書などの年収を証明する物の提出を、

借り入れ予定の金融会社から提出を求められるようになりました。

 

年収の三分の一は、あくまでキャッシングなどの借り入れが対象となっています。

クレジットカードでのショッピングは、規制には含まれません。

例えば、年収の三分の一を既に消費者金融などから借り入れをしている状況でも、

クレジットカードで家電製品やその他の商品を購入は可能です。

 

銀行からの借り入れや、銀行のカードローンは、裁量規制の対象外となります。

住宅ローンや、車のローン、それとおまとめローンなども、この裁量規制から外れます。

 

 

まとめ

私が消費者金融や、信販会社、クレジット社からキャッシングを繰り返していた頃は、

裁量規制などは無く一社から100万を借りる事も普通にありました。

今では考えられないことですね。

 

規制が無かったため、自由にキャッシングが出来たため、瞬間的には、

会社運営に役立った事もありました。

ただ、規制が無かった事で、どんどん借金地獄に陥って行った事実もあります。

 

裁量規制が出来たとはいえ、キャッシングに頼る生活をしていては、

苦しい生活から中々脱却出来ません。

現在は低金利時代ですが、キャッシングのローン金利は銀行からのローンとは

比べものとにならないくらい高い状態です。

 

ローン返済には、おまとめローンを利用したり、節約生活を心がけて一日でも

早くキャッシング生活から脱却する生活を目指して下さい。

 

 

サイトマップ

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ