【借金 知識 知恵】節約する意識は、無駄を省き事業務改善につながる!

節約の知恵!

eb4bf33c3213d78e9fef9622850c4846_s

節約。

ケチと節約家は違います!

無駄を省く事は当然の事であり、その事を疎かにすれば、災いとなって帰ってくる事もあります。

私自身、その節約を軽視した会社に身を置き、結果的に倒産に至るまでを経験しました。

ここでは節約の知恵と、節約軽視の具体例を織り交ぜながら、

節約の大切さを見て行きましょう!

 

節約知らず

私は会社役員でしたが、当時の社長は節約という感覚を、

全くと言っていいほど持ち合わせていませんでした。

 

・トイレの電気は点けっぱなし。絶対に消さなかったです。

 

・エアコンの冷房温度は、すごく低かった。

寒すぎて、他の社員は長袖を着てたほどです。

 

・自分で覚えず、お金で解決した。

パソコンのウィルス・ドフトをインストールするにも業者を呼んでいました。

 

・備品はドンドン買う。

他で代用出来る場合でも、備品を直ぐに買っていた。

 

・会社では無かったのですが、まだ自宅があった当時、

庭の雑草は自分で取らず、シルバー人材に頼んで雑草を取り除いていたそうです。

 

節約を知らなかったため、何でも経費を使って物事を進めていました。

まさにミスター経費です。

時々、節約の必要を進言しても、ワンマン社長であったため、聞く耳を持ちませんでした。

驚くべき事は、自宅を建てた時、家具一式も全て住宅ローンに組み入れたと言っていました。

 

スポンサーリンク
 

家具の価格は、ほとんど倍で買ったようなモノです。

会社も業績がいい時は、節約知らずでも通用しても、業績が悪くなり始めると大変です。

いままで身についた浪費習慣は、急に「節約する!」

と言っても掛け声だで終わり、最後まで節約とは無縁でした。

 

節約方法

私の知人が勤める地元大手企業や市役所などでも、

節約に関しては強い意識を持って実行していました。

遅まきながら、私達も節約意識を共有出来る社員と、節約行動をしました。

 

・コピーは必ず裏紙を使用する。

私達も途中から、裏紙を使うようにしました。

 

・昼休みは消灯。

金額よりも、節約の意識付けですね。

 

・冷房の温度設定は28度。

中には暑がりの社員もいて、お互いに隙を見ては温度を下げたり、上げたりの連続でした。

最後は、私が厳しく注意しました。

 

・冷房時はカーテンなどで日光を遮断。

西日が入る部屋は、しっかりカーテンで遮断しました。

 

・エアコンのフィルター掃除。

フィルター掃除は意識してやりました。エアコンの効きが変わりますからね。

 

私達は実行出来ませんでしたが、他にも事務用品を共有している会社もありました。

節約の知恵は、上記以外にも多くあると思います。

 

節約の意義

元社長に節約の意識が強ければ、ひょっとしたら会社は倒産しなくて済んだかも?

そんな風に考える時があります。

節約意識、節約術が無かった事が、倒産を招いた一因であった事は否めないでしょう。

塵も積もれば山となる。

小さな節約をあざ笑えば、それは大きな代償となって帰って来る。

節約する意識は、そのまま業務改善にも繋がります。

企業であれ家庭であれ、節約する知恵を出し、

実行する事は、とても大切な事ですね。

 

サイトマップ

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ