【借金 原因 理由】教育ローンは奨学金と違うの?メリット、デメリットは?

教育ローンとは

a2dced429353e70493f5ab03c7aae8de_s

自分の子供には、教育費を惜しみたくないと思われる親御さんは大変多いと思います。

しかしながら、一方では手持ちの預金だけでは、子供に必要な教育費をカバー

出来ない事もあります。

そんな時に大変有り難いのが教育ローンです。

では教育ローンとはどんな内容なのか?

メリットやデメリットを踏まえながら、一緒に確認して行きましょう。

 

教育ローンと奨学金

教育ローンって奨学金とは違うの? と、疑問をお持ちの方もいらっしゃる事でしょう。

ではどんな違いがあるのかと言えば、奨学金は学生本人が借りて返済して行くものです。

一方、教育ローンは保護者が借りて、保護者が返済して行くローンです。

また、奨学金は入学後に申請しますが、教育ローンは入学前に借り入れが可能です。

大学入試の場合、受験にも色々と費用がかかります。

自分の住む地域以外で受験する場合は、宿泊費や交通費も負担となってきます。

そんな費用も教育ローンでまかなう事が出来ます。

 

教育ローンの種類

教育ローンには、国が融資するものと、民間の金融機関が融資するものとがあります。

国の教育ローンとは、日本政策金融公庫が行う融資の事です。

このローンは、長期の固定金利であるため利用者としては有り難いローンです。

ただ国からの融資のため、申込み者に税金の滞納などがあると、

審査に通り難くなりますので注意が必要です。

一方、民間の教育ローンも充実しています。

国の教育ローンと比べて審査は甘くなりますが、その分金利が少しだけ高めになります。

 

スポンサーリンク
 

ただ、教育ローンというだけあって、カードローンなどど比べたら金利は低い設定になっています。

 

教育ローンのメリット・デメリット

教育ローンのメリットは、入学金や授業料、そして生活費に至るまで多岐に渡って

用途が認められています。

また、一度融資を受けても限度枠内なら、何度でも借り入れする事が出来るタイプの

教育ローンもあります。

その他にも、在学中は元金据え置きとなり、卒業後に返済が始まるパターンの

教育ローンもあります。

在学中は、どうしても色々とお金がかかります。

学校を卒業すれば、家計の負担も減るためローンの返済が始まっても負担増に

ならないようなローンです。

一方、教育ローンにはデメリットもあります。

奨学金と比べると金利は高めになります。

また、保護者が借り入れ者となるため、保護者の収入が審査の対象となります。

申込者全員が審査に通るとは限りません。

その場合は、審査は甘くなりますが、金利が少し高めの金融機関に教育ローンを

申し込む必要となります。

 

まとめ

4月は入学シーズンであると同時に、税金などの支払い時期でもあります。

しかし、子供の教育費を確保するために、キャッシングやカードローンを使おうと考える

保護者の方もいらっしゃるかも知れません。

そんな場合にこそ、教育ローンを活用することをお奨めします。

ただ、教育ローンの名称はあるももの、借金には違いありません。

返済を先に延ばすことが出来るメリットの裏には、その分返済が先延ばしになっただけなので、

金利負担が増える事になります。

教育ローンは、保護者にとって大変有り難いものであると同時に、使い方を間違えると金利負担が

増える事になってしまいます。

教育ローンを利用する場合は、金利負担が必要以上に増えないように十分検討して

融資を受けて下さい。

 

サイトマップ

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ