銀行系カードローン審査は甘い緩い通りやすい?金利は比較的に安いの

借金の種類

335886c3d4b9ca6af8c4c6e94d946c91_s

銀行系ローンとは

ローンは銀行系ローン、信販系ローン、消費者金融系ローンの3つに

大きく分ける事が出来ます。

銀行系ローンは他の2つと違い、イメージが悪くないため安心感がありますよね。

ただ、銀行系ローンにもメリット、デメリットがそれぞれあります。

ここでは、その特徴を見ながら、利用方法を確認して行きましょう!

 

銀行系ローンの特徴!審査、金利どうなの?

・金利が安い

やはり何と言っても、銀行系ローンは信販系ローンや消費者金融系ローンと

比べて金利が安いです。

借りる側としては銀行系ローンを利用したいと考えます。
・総量規制がない

信販系や消費者金融系のローンは、年収の三分の一以内との規制がありますが、

銀行系のローンはその対象外となります。
・審査基準

銀行系ローンは、メリットがある分、審査基準は高めに設定されています。

つまり残念ながら、金利は安い目ですが、審査は甘いとか通りやすいとかはなく、厳しめです。

審査機関は、個人融資の場合、以前とは異なり、ネット申し込みが可能なところや、

消費者金融みたいに即日融資が可能なところも出て来ました。

 

銀行系ローンの注意点

いくら消費者金融系のローンより金利が安いと言え、必ず金利が掛かっています。

利用可能金額は、自分のお金を意味するものではありません。

カードで手軽にキャッシングが出来る便利性の裏には、借金にたいする

感覚がマヒしてしまう恐れも同居しています。

くれぐれも、使いすぎには注意しましょう!
私も銀行系カードローンを利用していましたが、借りたり返済したりを繰り返して行く間に、

 

スポンサーリンク
 

途中から「どうせまた直ぐに借りるから」と言う理由で、途中からは借りたままの状態。

そのうち、返済したくても出来ない状態にローン地獄に陥って行きました。

 

企業向け銀行系ローン

銀行系ローンは、個人以外にも企業向けのローンがあります。

銀行が直接融資するプロパー型ローン。

それと、銀行が企業に対して融資するにあたって、

信用保証協会付けにするローンもあります。

銀行から見ると、零細企業は返済能力の信用度が低いため、

銀行が融資を行う際に信用保証協会に保証を担ってもらう制度を利用するものです。

勿論、いづれにも連帯保証人が必要となるため、ローンを申し込む場合は、

予め連帯保証人を確保しておく必要があります。

 

まとめ

個人であれ企業であれ、ローンを組んだら必ず返済が生じます。

予定と通りに、返済が出来ている間は問題がありません。

ただ、返済に狂いが出始めたら要注意です!

 

先日、金融関係者と話す機会があったので、ローン返済トラブルについて聞いてみたのですが、

「金融事故を起こす前に、ともかく相談する事!」と言ってました。

相談を受ければ、「どの金融機関も最大限のアドバイスをします!」 と彼は言ってました。

 

後で判った事ですが、倒産した会社の前社長。

最後は、銀行からの電話に出ないで、逃げ回っていたそうです。

倒産後、残された債権処理のために、私が銀行の支店長と会って話した時に聞いた言葉です。

「我々は単なる金貸し業者ではない。 返済に困って相談されたら、親身になって色々と考えたのに!

逃げるようでは、信用が益々無くなるよ!」 と。

 

色々と返済で困った時は、正直に借入先の金融機関に相談するのも一つの方法です。

一筋の光明が見えるかも。

どこかのCMじゃないですが、「ご利用は計画的に!」ですね。

ローンに無理と無駄は禁物です!

 

サイトマップ

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ